貯めたマイルと交換!ANA特典航空券の予約方法を解説

ANA飛行機

ポイントサイトを利用したマイルの貯め方を試しているみなさんはマイルで旅行に行けたでしょうか?

初めての特典航空券申込だと分からない部分もあると思いますので、今回は特典航空券の申込画面を見せながら説明していきます。

まだまだポイントサイトを活用し始めたばかりで特典航空券まで辿り付いていない方も、ANAマイルが貯まってお目当ての特典航空券を取る時になって困ることの無いよう、予め頭に入れておくことをお勧めします。

何度も特典航空券をとっている方は既にサイトの見方・使い方になれています、人気の路線・人気の日程での取り方等も熟慮され、操作も慣れています。

そういった方々と、特典航空券を取り合う時に、「これはどうすればいいのだろう?」などと迷ってその場で調べているとチケット取れなくなることもありますので、最低限の知識はご自身の頭の中に入れておいた方がスムーズです。

<2018年4月1日追記>

2018年10月28日ご搭乗分よりANA国内線特典航空券のルールが変わります。
予約期間の拡大や予約変更が可能になるなど使い勝手が向上しますので、今後国内線の特典航空券を取得する際はANAの公式WEBサイトを一度確認してからにしましょう。

ANA公式サイト:ANA国内線 運賃や特典航空券のルール変更詳細

スポンサーリンク

ANA国際線特典航空券の予約方法

ANAの特典航空券には国内線と国際線の2種類が用意されています。

大まかな予約手順は同じですが、初めて特典航空券を予約時にはわかりづらい部分もありますので、国内線と国際線それぞれの予約手順を画像付きで解説します。

それでは国際線の特典航空券の予約手順から見ていきましょう。

ANAのwebサイトで特典航空券のページにアクセスする

まずは、特典航空券を申し込む為にhttps://www.ana.co.jp/book-plan/flight-awards/にアクセスしましょう。

ここでは国内線の特典航空券なのか国際線なのかを選びます。

濃い紺色の表示が選択している状態です。

今回は国際線を選択している状態ですので、説明も国際線の方で続けます。

選択すると、画面下の表示も「国内線特典航空券 >」から「国際線特典航空券 >」へと切り替わります。

それではその切り替わった「国際線特典航空券 >」をクリックして次に進みます。

ANA特典航空券 国際線

※ANAのWEBサイトトップページから特典航空券の予約ページにアクセスできますが、マイルが多く溜まっている方は上記アドレスをブックマークしておくと早いです。

次のページに行くとANAマイレージクラブの会員ログイン画面に切り替わりますので。会員番号(10桁)とパスワードを入れてログインしてください。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO)を所持している方はカードおもて面の左下あたりに会員番号は記載されていますので、カード券面を見ながら間違い無いように入力しましょう。

ログインすると以下のような画面に切り替わります。

特典予約のフライと情報を入力して検索する

ANA特典航空券 出発地等の選択画面

アクセスした画面では特典予約と往復が選択された状態になっています。

国際線の場合は往復でしか特典航空券を取ることが出来ませんのでこのような状態になります。

ここでは最も簡単な1都市往復・1クラス限定で説明をします(特典航空券でまずはハワイ(ホノルル)を選ばれる方が多いので)。

ここでは出発地、到着地を選択し、往路出発日と復路出発日を設定し、あとは人数とクラスの指定をして検索するをクリックします。

今回は出発地に羽田を、到着地にハワイ(ホノルル)を選択し、人数1人、特典エコノミーのクラスを指定してみます(ハワイに1人で行く機会少ないと思いますが、分かりやすさ重視)。

そうすると以下のようなフライト情報が表示されます。

往復のフライトを選択する

ANA特典航空券フライト情報 羽田ーホノルル

往路、復路ともに希望の日程が空いていればそれを選択しましょう。

最低限必要なマイル数が表示されますので、ご自身の保有マイル数が足りるか確認も忘れずに見ておきましょう

往路、復路ともに空席ありの日程を選んだら次へをクリックして進みます。

特典内容を確認する

ANA特典航空券情報の確認

ここでは選択した特典種別や日程・フライト情報、この特典航空券を申し込むのに必要なマイル数が表示されます。

右のサイドバーには必要なマイル数の他に総額として各種税金や燃油サーチャージなどの金額が表示されます。

いくらANAマイルが沢山あっても税金等はANAマイルで支払うことが出来ませんのでこの分は現金が出て行くことになりますので注意が必要です。

今は原油安と円高で燃油サーチャージ等がかかっていないためたいした金額ではありませんが、ヨーローッパに行く時に円安・原油高だとかなりの金額を払うことになります。

ちなみにこの諸費用はすぐに決済されます、特典航空券の利用日ではありませんので注意してください。

内容を確認して次に進むと以下のような確認が出てきます。

フライト情報等の最終確認&個人情報等の入力

ANA特典航空券サービス情報の確認

ここで最終確認をして問題がなければ、この後はお客様情報の入力とお支払い情報の入力をして完了となります。

特典航空券をこれから始めて取る方もこの流れは頭に入れておいた方が良いです。

ハイシーズンの人気路線を取りたいという方は、正攻法だとなかなか取れませんが、裏技などと呼ばれている方法も既に多くの方が実施しているのでもはやそちらが正攻法といっても良いくらいです。

ハイシーズンに人気路線の特典航空券を取る方法はまた別の記事でご紹介したいと思います。

ANA国内線特典航空券の予約方法

国内線の特典航空券もにhttps://www.ana.co.jp/book-plan/flight-awards/にアクセスして予約に進めますが、今回はトップページから予約に進む方法を紹介します。

まずはトップページにアクセスし、国内線航空券をクリックしましょう。

以下のような画面になります。

国内線特典航空券

左の列の上から3つめに特典航空券予約という項目がありますので、そこをクリックします。

※国際線の場合は国際線航空券を選択すると同じように特典航空券予約という表示が出ますのでそちらからも予約が可能です。

ANAマイレージクラブ会員 ログイン

特典航空券はANAマイレージクラブの会員向けのサービスの為、ここから先は会員専用となり、お客様番号とwebパスワードの入力を求められます。

国内線特典航空券 webパスワード

往路便(1区間目)を選択する

ログインすると以下のように特典予約の項目が選択された状態(濃紺の表示)になり、以下のように区間数などを選択する画面が表示されます。

国内線特典航空券

ここでは、2018年4月24日に往路を羽田-宮崎線、復路を4月26日に鹿児島-羽田線で予約する場合を想定してみていきます。

往復同じ空港を利用する場合は、往復の項目を選択、片道もしくは往復で異なる空港利用の場合は「1区間(片道)・2区間(往復以外)」を選択しましょう。

出発地と到着地、搭乗日を選択したら「検索する」をクリックします。

以下のように1日の便一覧が表示されます。

国内線特典航空券 便を選ぶ

ANAとANAコードシェア便が表示されていますので、選択可能な便を選びましょう。

ここでは06:45羽田発のANAコードシェア便を選択してみます。

国内線特典航空券 便を選ぶ

便を選択すると、一覧の右側に選択した便が表示されます。

片道予約であればここで「確認画面へ」をクリックし以下のように確認画面に進みます。

国内線特典航空券 確認

今回は2区間(往復以外)なので確認画面ではなく「便を追加する」をクリックします。

復路便(2区間目)を選択する

以下のように最初の便を選んだ時と同じような画面が表示されますので、復路の出発地と到着地、日付を指定して検索します。

国内線特典航空券 2区間選択

往路同様に表示された一覧から便を選択します。

国内線特典航空券 復路便

往路便と同様に空席のある便から選択します、選択すると往路便の下に選択した復路便の内容が表示されます。

選択後に「確認画面へ」をクリックします。

選択した2区間の日付・時間・空港・便名/機種・クラス・運賃・予約変更・シーズンが表示されます。

この時点で間違えていた場合などで変更するには、1区間以上を削除してから便を追加することができます。

合計で支払うマイル数が表示されます、今回はローシーズンの羽田-宮崎・鹿児島-羽田なので、片道6,000マイル、2区間で12,000マイルとなっています。

国内線特典航空券 2区間確認

間違いがなければ「次へ」をクリックします。

マイルと交換で予約する特典航空券は予約と同時にマイルが減算されますので、最終確認のポップアップが出ます。

確認して「OK」を押すと国内線特典航空券の予約が完了します。

国内線特典航空券 最終確認

以上で、ANAマイレージクラブのマイルを利用して国内線特典航空券の予約は完了です。

国内線特典航空券は予約直後から座席指定することが可能です、予約に続いて座席指定まで済ませてしまうことをおすすめします。

ANA航空便とホテルが一つになったお得なパック

ここまで読んでみると、通常の予約と手順がほとんど変わらないと感じる方も多いでしょう、確かに同じです。

ですが、宿泊を含めたパックがかなりお得なのでこのようなパックをよく利用されてきた方も多いのではないでしょうか。

例えば、以下のようなパックです。

じゃらん公式サイト>>ANAじゃらんパック

上記サイトですと、航空券もホテルも一つのサイトで予約が完結するので手続きも楽ですし、利用する方も多いのですが、そういった方の中にはANAから直接購入したことがなく、手続きに不安を持っている方がいらっしゃいます。

特典航空券は変更が効くとはいえ、初めての方には一連の流れをある程度知った上で予約をしたほうが間違いなどが少なくなると思います。

また、特典航空券はあくまで航空券だけなので現地での交通手段やホテルなどは別途予約する必要があります。

お得なパックと特典航空券、どちらもうまく活用して旅行などを楽しんでください。

特典航空券を利用する際の注意点

ANAマイレージクラブのマイルを利用して特典を受ける場合、いくつか注意点がありますので利用する際には確認するようにしましょう

マイルの特典を利用できるのは本人と家族

ANAマイレージクラブのマイルを利用した特典を利用できるのは、以下の方のみになります。

  • 会員本人
  • 会員の配偶者
  • 会員の同性パートナー
  • 会員の2親等以内の家族

会員本人以外の方が特典を利用する場合は、事前に「特典利用者登録」が必要になります。

ANAカード会員の方が、家族のマイルを合算して特典交換する場合は別途「ANAカードファミリーマイル」登録が必要になります。

ただし、提携ポイントへの交換はご本人様のみで家族名義への交換はできません

マイルを上記の方以外に利用したい方は「ANAマイルはスカイコインに変えて家族以外の友人等に譲渡できる」を読んでみてください。

通常は2親等以内でしか使えないマイルを、友人や恋人の旅費に当てることが可能になります。

マイルには有効期限がある

特典はマイルの有効期限内に引換えする必要があります

マイルの有効期限は36カ月後の月末、約3年間の有効期限があります。

申し込みは会員本人が行う

マイル特典の利用は必ず会員本人が申し込まなければなりません。

利用は家族でもできますが、申し込みは必ず本人が行い、申し込みの際にANAから本人であることを確認されます。

申し込みにはANAマイレージクラブお客様番号(10桁)の申告が必要で、会員番号が不明だと特典の申し込みができませんので、ANAカードやANAマイレージクラブカードに記載された番号が分かる状態で申し込みしましょう。

本人以外からの申し込みは原則受け付けてくれませんが、諸事情により代理人が申し込みの場合は、代理人である事の確認が必要になります。

ANAカードファミリーマイルサービスを利用し、マイルを合算して特典を利用する場合は、プライム会員(代表者)がログインして申し込む必要があります。

マイル数を確認してから申し込む

申込時に必要なマイル数が口座にあることが特典利用の条件なので、必要なマイル数がご自身の口座に貯まっているか確認した上で申し込みましょう。

マイルが足りない状態で特典航空券を取得しようとしても、「必要なマイル数がありません」と出て特典交換はできません。

特典交換に必要なマイルは、ご自身のマイル口座にある分の古いものから順に自動的に使用されます。

会員本人様と異なる名義のマイルや他航空会社のマイルを合算して特典航空券と引き換えることはできません。

ただし、「ANAカードファミリーマイル」に登録されている方は合算して利用することができ、以下の特典に交換できます。

  • ANA国内線特典航空券
  • ANA国際線特典航空券
  • ANA国際線アップグレード特典
  • 提携航空会社特典航空券
  • ANA SKY コイン

ANAカードファミリーマイルでは、上記以外の特典には交換できません。

特典交換後に利用しなかったとしても、特典相当分のマイルを口座に戻すことや他の特典に交換することはできず、特典は無効になります。

ただし、特典航空券・ANA国際線アップグレード特典には、「未使用特典の払い戻しサービス」があります。

まとめ

ANAマイレージクラブのマイルと引き換えに特典航空券を取得するにはあらかじめ必要分のマイルが口座にあることが条件です。

必要なマイルが貯まったら、ANAのサイトにアクセスし、特典航空券の申し込みをしましょう

国際線の場合は往復の席が確保できる場合に特典に変えることができます。

画面の指示に従い往復路路線を指定し、必要情報を入力するだけで特に難しい作業はありません

特典利用の際にはいくつか注意点がありますのでそちらもあらかじめ確認した上で特典交換をするようにしましょう。