/* バリューコマース LinkSwitch */ マイルの貯め方は1つじゃない![ANAマイレージクラブ編]

マイルの貯め方は1つじゃない![ANAマイレージクラブ編]

ANAマイルでのる飛行機

あなたは航空会社のマイルを貯めたことはありますか?

旅行が好きで様々な場所で観光したり、好きなアーティストのライブを見るために日本各地に出向いたりしたいけど、交通費や宿泊費の負担で諦めていませんか?

航空会社のマイルがあれば特典航空券と引き換えることで日本や海外への旅行、アーティストのライブへ行くための交通費をなくすことができます。

ここで紹介する「ANAマイルを簡単に貯める方法」を実践することで旅行やライブ観戦の回数が格段に増やすことができます。

ここでは、筆者自身が実践しているマイルの貯め方をANAマイレージクラブ編として解説します、一部JALにも応用できますので、ぜひあなたも実践してみてください。

2018年3月31日を境に、これまでの貯め方ができなくなり他の方法へ切り替えが必要となりました。

これから貯める方は、2018年3月31日を待たずに以下で紹介している新ルート(LINEポイントorハピタスなど利用)を使った方法でマイルを貯め始めることをお勧めします。

Contents

ANAマイルの貯め方 [LINEポイント経由]

まずは新ルート(LINEポイント)で貯める方法から解説します。

ANAマイルを貯める方法 簡単3ステップ概略 [LINEポイント経由]

詳細説明に入る前に、大まかな流れである3ステップの概略を説明します、大まかな流れを頭に入れた後に、各ステップの具体的な手順や詳細に進んでください。

[ステップ1]

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO)」の取得

マイルを貯めるうえで、まずは通称ソラチカカードと呼ばれているクレジットカードの取得をすることがステップ1となります。

[ステップ2]

ポイントサイト「ポイントタウン」の登録・活用

マイルの元になるポイントを取得するポイントサイトへの登録・活用がステップ2です。

[ステップ3]

ポイントタウンでポイントを貯め、LINEポイントからソラチカルートでANAマイルに交換する

ポイントタウン→LINEポイント→ソラチカルートと繋いでANAマイルに移行するのがステップ3です。

マイルの貯め方簡単3ステップの概略は以上です。

ステップ2の部分を「ポイントタウン」以外のポイントサイトも合わせて利用するとより多くのマイルを貯めることが可能です。

ステップ1 マイルを貯めるのに必須のソラチカカードを申し込む

それでは、年間で20万以上のマイルの貯め方のステップ1を解説していきます。

ANAマイル交換用クレジットカードのANA To Me CARD PASMOの取得

マイルを貯めるうえで最初のステップとしてすべきこと、それはANA To Me CARD PASMO(通称ソラチカカード)を所持することです。

ANA To Me CARD PASMO ソラチカカード

本ページで解説するANAマイルを年間20万マイル以上に貯め方ではソラチカカードというクレジットカードが欠かせません。

具体的なマイルの貯め方を詳しく知るよりも前にソラチカカードの所持が最重要です。

なぜかというと、LINEポイントを活用したANAマイルの貯め方ではこのクレジットカードが必須であり、ソラチカカードが所持できないとこの方法で貯めることは難しくなります。

ソラチカカードの有無で得られるマイル数に大きな差が出てしまいます。

ソラチカカードを使わずに多くのマイルを貯めることも可能ですが現時点ではこのカードの有無で年間で得られるマイル数に大きな差が生じていることは事実です。

そのため、年間で20万マイル以上貯めたいという場合は必須のカードといっても過言ではありません。

クレジットカードを所持することが必須だからといって、多額の決済することは必要ありません。
現金主義の方もマイルを貯めるために重要なことは「所持」していることです。

ANA To Me CARD PASMOとANAマイルの関係性

数あるクレジットカードの中でもANAマイルへの交換に最適なカードがANA To Me CARD PASMO JCBです、このカードがあるだけで大量マイル獲得はかなりハードルがかなり低くなります。

具体的にこのカードがマイルを貯めるためにどんな役割を果たすのか見ていきましょう。

ANAマイルへの交換率

マイルを貯める簡単3ステップの概略[LINEポイント利用]で説明した通り、ポイントタウンというサイトのポイントをANAマイルに交換することでマイルを貯めるのがここで解説するマイルの貯め方です。

ポイントからマイルへ交換する時に高い交換率、つまり所持しているポイント数をできるだけ減らすことなくマイルに移行することができると多くのマイルを貯めることができることになります。

ソラチカカードはメトロポイントからANAマイルへの交換率90%という高交換率でポイントをマイルに交換できる唯一のクレジットカードです。
例えば、メトロポイントが100ポイントある場合なら90マイルに交換できる、つまり90%の交換率になるカードなのです。

このカードを所持していない場合、一般的な交換率が50%高くて60%程度なので、交換率90%というのが非常に高いのが分かると思います。

マイルはカード決済を主にして貯めるわけではない

今まで少しでもマイルを貯めたことがある方は、飛行機に乗ったり、クレジットカード決済で貯めたポイントをマイルへ交換してきた方が多いのではないでしょうか。

確かにカード決済を使った方法でもマイレージを貯めることはできます。

当ブログのマイルが貯まる税金の払い方でご紹介しているように、税金も払い方によってはマイルを貯める一つの手段になります。

しかしクレジットカード決済をしたくないという現金主義派の方もまだまだ多くいらっしゃいますし、決済で多くのマイルを貯めるにはそれだけ多くの支払いが生じることにもつながります。

ソラチカカードの交換率を生かした方法であれば、多額のカード決済をすることなく、むしろ多額のカード決済をする以上に多くのマイルを貯めることができます。

現時点では「ポイント→(交換)→ANAマイル」この貯め方がカード決済を主にしないでマイルを多く貯める唯一の方法です。

ANAマイルはポイントサイトから交換して貯めるのが最も貯まる方法

ここまで説明してきたように、カード決済を主にしてマイルを貯めるわけではないので、年収が数百万(1年間の支出が数十万〜100万程度)の人でも、ポイントサイトからの交換という方法でマイレージを貯めれば年間で20万〜30万マイル程度を貯める事が可能です。

高い交換率のソラチカカード所持者と所持していない方とでどの程度差が出るのか、具体的なポイント数を例に見ていきましょう。

ソラチカカード所持者がポイントをマイルに交換するとどうなるか

繰り返しになりますが、ソラチカカードは所持しているだけでメトロポイントからANAマイルへの交換率が90%になります。

メトロポイントの10,000ポイントをソラチカカード所有者がANAマイルに交換すると以下のようになります。

10,000ポイント×0.9(交換率90%)=9,000マイル

所持しているポイント数に×0.9(90%)した数値が獲得マイル数になります。

多くのポイントを所持できればそれだけ多くのマイルに交換できるのは当たり前ですが、交換率90%だと所持しているポイント数の1割減で済むます。

一方、ソラチカカードなしの場合にマイル数がどうなるのかも見てみましょう。

ソラチカカード無しの方がポイントをマイルに交換するとどうなるか

ソラチカカード無しの方が10,000ポイント持っていると、ANAマイルはいくらになるのか見ていきましょう。

最も一般的な交換率であり、広く認知されているTポイントを例に見ていきましょう。

TポイントはANAマイルへの交換率が50%です。
ソラチカカードと比べると低く感じますが、50%の交換率というのは一般的な数値でソラチカカードを除けば50〜60%の交換率が最も高い部類に入ります。

ではTポイントの10,000ポイントをANAマイレージに交換するとどうなるでしょうか。

10,000×0.5(交換率50%)=5,000マイル

所持しているポイント数の半分しかマイルは獲得できません。

元は同じポイント数でも5,000マイルにしかならない方法と9,000マイルになる方法とが存在している状態です。

あなたはどちらが良いですか?
もちろん、9,000マイルを取得できる方が良いですよね。

そのために、まずは90%の交換率を利用できるようになるためのソラチカカードを所持しましょう。

PONEY!というポイントサイトを経由してポイントを貯めつつソラチカカードを発行できるキャンペーンが実施されている場合があります。

PONEY!未登録の方は以下のバナーから登録し、PONEY!経由でソラチカカードを発行しましょう。

ポイントサイトPONEY!

キャンペーンがなくともPONEY!はANAマイルを貯める上で今後注目されるポイントサイトの一つで、オススメのポイントサイトです。

PONEY!について詳しく知りたい方はANAマイラーにとってハピタスに続く優良ポイントサイトはPONEY!かをご覧ください。

ソラチカカードの申込は公式サイトからもできますが、PONEY!経由で発行できる場合はそちらがお得です。

PONEY!でソラチカカードの案件がない場合は公式サイトから申し込んでください。

審査について

クレジットカードの審査に通るか不安だと言う方は、クレジットカードの審査について を参考に申込をしてみてください。

必ずとは言えませんが、審査に通りやすくなると思います。

また、もし審査に落ちてしまったという方はソラチカカードの審査に落ちた! その原因はに書かれているような原因が無いか確認し、半年程間を空けてから再度申込をするようにしましょう。

ANA To Me CARD Pasmo(ソラチカカード)の審査は特に厳しいという声は聞きません、主婦の方や社会人1年目の方なども所持している方がいらしゃいますので、ぜひ審査前の注意点を確認した上で申し込みしましょう。

年会費2,000円は高いのか

実は、ソラチカカードは年会費がかかります。

年会費は2,000円ですが、この2,000円を安いと捉える方も高いと捉える方もどちらもいます。

年会費無料のクレジットカードしか使ったことがなければ、年会費がかかるというだけでマイナスの印象、つまり、高いと捉えます。

一方、年会費3万円のクレジットカードを所持している方からすると、年会費2,000円は安い部類に入るのです。

ソラチカカードは年会費がかかりますが、ANAマイレージを貯めたいのであれば、2,000円の年会費を払ってでも所持するべきクレジットカードです。

その理由は上記で説明したように、交換率90%という好条件を利用するためにですが、もう少し詳しい内容をソラチカカードの年会費がかかっても1人1枚持つべき理由で説明していますので、年会費を払うことについて抵抗がある方は是非読んでみてください。

ANAマイルが貯まるソラチカカードの使い方

繰り返しになりますが、クレジットカードを用意すると言ってもこのカードで多額の決済をするわけではありませんので安心してください。

ソラチカカード存続のためにも毎月の固定出費の一部(例えば、インターネット料金や携帯電話料金)をソラチカカードで決済することが望ましいと筆者は考えますが、全ての決済をソラチカカードにする必要はありません。

あくまでポイントサイトのポイントをANAマイレージクラブに交換する為に使うクレジットカードであり(カードを持っているだけで高い交換率となる為)、全ての支払いをクレジットカード決済に変えなくても大丈夫です。

クレジットカード決済を併用した方がより多くのマイルがたまるのは事実ですが、クレジットカードで多くの支払いをすることがあまり好きではない方も実践可能で、すでに多くの方がこの方法でたくさんのANAマイルを貯めています。

また、クレジットカード決済でマイルを貯めるならソラチカカードよりも適したカードが存在します。

クレジットカード決済とANAマイルの落とし穴

ソラチカカードもANAカードの一つなのだから、カード決済も合わせてマイル貯めればさらにマイルが貯められる、そう考えた方もいらっしゃると思います。

クレジットカードを日頃から利用している方はいいのですが、今まで現金主義だった方でどうしてもカードに抵抗がある方はカード決済で貯まる分のマイルは諦めましょう。

それにカード決済でマイルを貯める場合、決済額の0.5%から数%程度がマイルになるクレジットカードがほとんどです。
つまり、0.5%〜数%の還元率ではそれなりにカード決済をしないと大量のマイルは貯まりません。

マイルを貯め始めると、クレジットカード決済で貯めるマイルにも興味を持つ方が多く、自身の年間支出を1つのクレジットカードにまとめると年間で見れば多くのマイルが貯まるカードも存在します。

ここでは、クレジットカード決済を使わずにマイルを貯める方法を紹介していますが、クレジットカード決済と併用すると更に多くのマイルが貯まるのも事実ではあります。

それでは話を戻して、、、ソラチカカードの申込が終われば次のステップに移りましょう。

ステップ2 ポイントタウンの登録&利用で大量マイルの基を作る

前項でも書きましたが、ソラチカカードを持っていればメトロポイントの90%がマイルに交換できます。

ということは、ポイントサイトで貯めたポイントを極力減らさずにメトロポイントに交換する事が出来れば、あとはソラチカカードの所持だけで大量のマイルを貯める事が可能になります。

メトロポイントを直接貯めない理由

直接メトロポイントは貯められないの?と思う方もいらっしゃると思います。

メトロポイントは東京メトロに乗ったりすることで直接貯める方法はありますが、当ブログではメトロポイントを直接貯めることは推奨していません。

なぜか?

それはメトロポイントは貯めにくいという欠点があるからです。

そこで、ポイントが貯めやすい(大量にポイントが獲得できる)サイト、尚且つそのポイントを極力減らさずにLINEポイントに交換できるサイトを利用すればメトロポイントが大量に貯まり、結果としてANAマイルを大量に手に入れることができるようになります。

例えば、Aサイト→(交換率100%)→LINEポイント→(交換率90%)→メトロポイント→(交換率90%)→ANAマイル

という流れが理想です。

この流れであれば、Aサイトで貯めたポイントの81%がANAマイルとして手に入れらることになります。

一方で、メトロポイントに行くまでにポイントが半減してしまうようなサイトはあまりお得ではありません。

Bサイト→(交換率50%)→LINEポイント→(交換率90%)→メトロポイント→(交換率90%)→ANAマイル

Bサイトでポイントを貯めても最終的な交換率は40.5%となりソラチカカードの良さがあまり引き出せていません。

ANAマイルを貯めるために適したポイントサイト

有名どころのポイントサイトというと以下のようなサイトがあげられます。

では、どのポイントサイトがメトロポイントへの交換に優れているのでしょうか。

この中でメトロポイントに交換が出来て大量のポイントが獲得できる、ANAマイルをこれから貯める方や今までも貯めてきたけどより多くのマイルを貯めたいという方におすすめなのがポイントタウンです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンは前項で説明したAサイトにあたり、LINEポイントへ等価交換(交換率100%)となっています。

注)ポイントタウンは実際のポイント数とLINEポイント交換の際に等価交換ではありませんが、日本円ベースで計算すると等価となります。

そもそも「ポイントサイト」について良く知らないという方はポイントサイトとはなにかでその仕組みを解説していますのでご覧になってください。

ポイントサイトは簡単に説明すると広告業者のようなものです、賞品やサービスを直接提供するのではなく広告主と提携して紹介・斡旋する事で広告主から報酬をもらい、報酬の一部を我々ユーザーにもポイントとして還元している仕組みとなっています。

ポイントサイトを良く知らない方は「なんだか怪しい」という方もいますが、何も怪しくありません。

世の中にある雑誌広告やチラシ、キャンペーンセールなどと同じ仕組みです。

何となく知らないからと毛嫌いせず、正しい知識をつけて活用するようにしましょう。

ANAマイル取得の為にポイントタウンを選ぶ理由

毎日東京メトロに乗っているだけでは旅行に出るほどには貯まりません。
貯めやすいポイントサイトでポイントを大量に貯めることがマイレージを貯めるうえでは必要になります。

では、どのポイントサイトで貯めるのか?

数あるポイントサイトの中でも「ポイントタウン」は大量ポイントが最も貯めやすいポイントサイトといえます。

その理由はいくつかあります。

  • 15万ポイント以上の案件が多い
    ポイントタウンのポイント数は円ベースで考えると1/20となり少しわかりづらいのですが、これだけでANAマイルに換算すると6,075マイルになります。
  • ネットショップ案件が多い
    ネットで買い物をする時にポイントタウンを経由させるとポイントとして還元されるので、実質の出費はありますがポイントとして戻るものが多いです。
  • ポイントアップ中の案件が常時ある
    普段は低ポイントの案件が期間限定のお得な案件が非常に多いです。
  • 換金制限がない&わずか100円から換金できる
    他のポイントサイトでは毎月の換金額に上限が設けられていたり、300円〜1,000円程度貯めないとポイント交換できない場合が多いですが、ポイントタウンは100円分から換金できるため、非常に使い勝手がいいです。

このほかにも色々とポイントを貯める方法があり使いやすいポイントサイトといえます。

ポイントタウンの更に詳しいメリットや使い方は別記事で紹介したいと思います。

では実際にポイントタウンを利用するにはどうすれば良いか。

答えは簡単、利用登録をするだけです。

ポイントタウン公式サイトはこちら

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ポイントタウンは登録しただけでは貯まりません、実際にポイントタウン経由でクレジットカードを発行したり、日々のネットショッピングで利用しているサイトはポイントタウンを経由させてから利用するなどする必要があります。

ポイントタウンを利用すると直接マイルを貯めるよりも大量のポイントを貯める方がたくさんマイレージを貯めることが出来ます。
つまり、ポイントタウンやその他のポイントサイト全般について詳しく知る事、実践してポイントを貯めていく事がANAマイルを貯める上でとても大切です。

ポイントタウンで大量ポイントを稼ぐ方法

具体的に何をすればポイントが貯められるのかというと、案件をこなす事と日々のネットショッピングをポイントタウン経由にすることです。

まず、案件をこなすとはどういう事か説明します。

よくある案件としては、

  • クレジットカードの発行
  • FX口座の開設
  • 各種サービスの申込や登録
  • アンケート

などがあります。

この中で、大量にポイントが獲得できる案件に申し込むことで、条件をみたしポイントを手に入れる事が出来ます。

クレジットカードの発行で大量ポイントを稼ぐ

たとえば、会社員の方であればクレジットカードの発行はかなり簡単に大量のポイントを獲得できる案件です。

カードの保有数が多い方は、予め使っていないカードの解約などしてなるべく審査に通りやすいようにしておくとスムーズにポイントを獲得できます。

ステップ1で必須とした「ソラチカカード」を申し込んだばかりの方は、続けて申し込むと審査に落ちる可能性がありますので2ヶ月程度あけてから申込をした方が良いです。

買い物や旅行でポイントを稼ぐ

クレジットカードの他にも大手ネットショップ(楽天等)でお買い物する際にポイントタウンを経由させてお買い物をすることでポイント獲得する事も出来ますので、出来るだけネットで買い物をする際はポイントサイトを経由させる事を意識付けしましょう。

また旅行や宿泊等の手配も普段利用しているサイトがポイントタウンに登録されているかどうか確認してみてください。

楽天トラベル等、いくつか旅行関連のサイトがありますので旅行に行く際もポイントタウン経由でサイトを訪れる事を習慣化するようにしましょう。

大量ポイント案件は決まっている

大量案件の中には自動車保険や医療保険の見直し相談等もあります、これは見直しの時期は限られていると思いますが、成約までいかなくてもポイントもらえる場合もありますので有効活用できる案件の一つです。

大量ポイントを獲得する秘訣は、クレジットカード・保険・FXの3つ、そしてポイントアップ中の案件を狙って1度で大量ポイントを狙いつつ、日々のネットショッピングをポイントタウン経由で行うのを忘れないようにすることが重要です。

ステップ3 獲得したポイントをANAマイルに交換する

ANA大量マイル獲得の最終ステップです。

貯めたポイントは毎月ANAマイルに交換する

ポイントタウンでクレジットカードの発行やFX口座の開設・保険の相談などでポイントを貯めて、貯めたポイントをANAマイレージに交換する、ここまでやれば大量のマイルが自分のものになります。

ポイントタウンで貯めたポイントを以下のようにいくつかのポイントサービスに交換して最終的にANAマイルに交換します。

  • ポイントタウン
  • LINEポイント
  • メトロポイント
  • ↓(ソラチカカード所持)
  • ANAマイル

ポイントタウンからメトロポイントまでの交換手順は追って詳細を解説した記事を載せますので少々お待ちください。

メトロポイントからANAマイルへの交換手順はメトロポイントをANAマイルに交換する手順(ソラチカルート編)に詳しい手順を画像付きで解説していますのでこちらをご覧ください。

ANAマイルの貯め方[LINEポイント経由]3ステップのまとめ

  1. ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)の所持
  2. ポイントサイト ポイントタウン↓に登録しポイントを貯める
  3. 貯めたポイントを、メトロポイント経由でANAマイルに毎月交換する

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに変えてソラチカルートの交換率90%でANAマイレージクラブのマイルに交換する方法が、誰でも出来る大量マイレージ獲得の唯一の方法であり費用を掛けずにマイルを貯める正攻法です。

繰り返しになりますが、この方法を実践するには、ソラチカカードの所有が必須です、まだ申し込んでいない方はすぐに申込をしましょう。

メトロポイント自体は大量ポイントの獲得には向かないため、ポイントタウンというポイントサイトを利用して大量のポイントを貯めます。

あとはポイントタウンで紹介されている案件(保険の見直しやクレジットカードの発行、FX口座の開設など)で一度に大量のポイントを獲得します。

最終的にソラチカカード経由でポイントタウンのポイントを交換率81%でANAマイレージに交換するだけで大量のマイルが貯まっていき、楽に年間で10万マイル以上を手にする事が出来ます。

ANAのマイルを貯めているとマイレージと交換で取得できる特典航空券によって楽しい旅行をもたらしてくれますし、家族や友人との大切な思い出を作る事が出来ます。

マイレージがあるとほぼ無料で飛行機に乗る事が出来るので、その分を現地の食事やホテル、オプショナルツアーへ参加する等のより楽しく数多くの体験を出来るようになります。

旅行好きの方だけでなく好きなアーティストを追って全国のツアーを回っている方、年に何度かディズニーランドに行く方等、マイレージを貯めると金銭的負担が格段に少なくなるのでこの方法でマイルを貯めるのはとてもおすすめです。

また、夜行バスや自動車等よりも移動にかかる身体への負担も少ない為、体力の落ちてきた中高年の方等もぜひマイルを貯めて飛行機での移動を利用した旅行等を検討してみてほしいです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

次項は旧ルート(ハピタス・PONEYなどから直接メトロポイントへ交換するルート)で既にマイルを貯めてきた方に最適の方法です。

これからANAマイルを貯め始める方は上記ポイントタウンを利用したルートか、この後に紹介するハピタスというポイントサイトを使った方法もオススメです。

マイル交換率はポイントタウンと変わりませんが、中継点となるポイントサイトが増えるため少しだけ手間がかかります。

ですが、ハピタスというサイトはポイントが非常に貯めやすい傾向があるため、こちらの方法も合わせてお勧めしています。

ANAマイルの貯め方 [ハピタスなど利用]

これからANAマイルを貯め始める方は上記LINEポイントを経由させたルートが最適ですが、ポイントが貯めやすいハピタスなど他のポイントサイトでも使える方法があります。

LINEポイントルートとの違いは元になるポイントサイトの違いとLINEポイントの前にGポイントを挟む点です。

今まではハピタスからドットマネーもしくはPeX経由でメトロポイントに交換していましたが、2018年4月1日以降はPeX・ワールドプレゼントポイント・Gポイント・LINEポイントを経由してメトロポイントに交換します。

ハピタスやmoppyなどポイントタウン以外のサイトの方が貯めやすいと感じている方はこちらの方法をお試しください。

マイルを貯めるのに必須のソラチカカードを申し込む

マイルを貯めるうえで最初のステップとしてすべきこと、それはANA To Me CARD PASMO(通称ソラチカカード)を所持することです。

これは今までの貯め方と同様に、このカードで決済することは必要ありません。
現金主義の方もマイルを貯めるために「所持」するだけで十分です。

ハピタスの登録&利用で大量マイルの基を作る

ハピタスで貯めたポイントを極力減らさずにメトロポイントに交換する事が出来れば、あとはソラチカカードの所持だけで大量のマイルを貯める事が可能になります。

数あるポイントサイトの中でも「ハピタス」は大量ポイントが最も貯めやすいポイントサイトといえます。

その理由はいくつかあります。

  • 1万ポイント以上の案件が多い
    これだけでANAマイルに換算すると9,000マイルになります。
  • 100%還元の案件が多い
    100%還元という事は支払いは発生しますが、その分ポイントとして還元されるので、実質の出費が0ということになります。
  • ポイントアップ中の案件が常時ある
    普段は数100ポイントの案件が数千ポイントにアップしている期間限定のお得な案件が非常に多いです。
  • ハピ友制度で友達同士メリットがある
    利用者増に貢献したお礼としてハピタス運営側からポイントが貰えます。

ハピタスの更に詳しいメリットや使い方はANAマイル獲得への第一歩 ポイントサイト ハピタスの活用法まとめにまとめてありますので、あわせてご覧ください。

ハピタスなら多くの方が年間20万マイルを貯める事が可能です、では実際にポイントサイトを利用するにはどうすれば良いか。

答えは簡単、利用登録をするだけです。

ハピタスは度々キャンペーンを行い、登録するだけでもらえるポイントが多くなることがあります。

ハピタスの登録はこちら>>>ハピタス

上のバナーから申込すると当ブログ筆者の「ハピ友」になる事が出来ます。

ここから申し込めば登録時に30ポイントが自動でもらえ、最初の30日間に簡単なアンケートに答えるとさらに100ポイントもらう事が出来ます。

キャンペーン期間中はさらに多くのポイントがもらえます。

ハピタスは登録しただけでは30ポイントしか貯まりません、大量のポイントを獲得する為にはいくつか重要なポイントがありますのでANAマイル獲得への第一歩 ポイントサイト ハピタスの活用法まとめをよく読んで効率よく大量ポイントを獲得してください。

大量マイレージ獲得への第一歩 ハピタスの活用法まとめ
高交換率でムダ無く貯めたいという方はANAを、人気の路線の特典航空券を少しでも取りやすくしたいという方はJALのマイルを貯めていると思います。マイルを沢山貯めて旅行をしたいという方はポイントサイトの使い方も、コツコツ貯めていく部分と、毎月大量に貯めて行く部分の両方を実行するのが大量マイル獲得において重要です。
ハピタスに登録して始めにやるべき事とポイントの稼ぎ方
ハピタスはANAマイルを貯めたいと思う方にとってとてもメリットの多いポイントサイトです。ハピタス登録後はサイト内の案件を一通り確認し、日々利用しているネット通販サイトはお気に入りに登録し、その後は大量ポイント獲得が出来る案件を順次こなしていいってください。

直接マイルを貯めるよりも大量のポイントを貯める方がたくさんマイレージを貯めることが出来ます。
つまり、ポイントサイトやハピタスについて詳しく知る事、実践してポイントを貯めていく事がANAマイルを貯める上でとても大切です。

筆者自身もANAマイルの貯め方・ハピタスなどの活用方法を教えてくれた知人の紹介でハピタスに登録し、その他のポイントサイトも参考になったブログなどの筆者へお礼の意味も込めて紹介バナーを選んで登録するようにしています。

読んで頂ければわかるかと思いますが、大量ポイントを獲得する秘訣は、クレジットカード・保険・FXの3つ、そしてポイントアップ中の案件を狙って1度で大量ポイントを狙いつつ、日々のネットショッピングをハピタス経由で行うのを忘れないようにすることが重要です。

獲得したポイントをANAマイルに交換する

ANA大量マイル獲得の最終工程としてハピタスで貯めたポイントをANAマイレージに交換します、ここまでやれば大量のマイルが自分のものになります。

ハピタスで貯めたポイントを以下のようにいくつかのポイントサービスに交換して最終的にANAマイルに交換します。

  • ハピタス
  • PeX
  • ワールドプレゼントポイント
  • ↓(三井住友VISA所持)
  • Gポイント
  • LINEポイント
  • メトロポイント
  • ↓(ソラチカカード所持)
  • ANAマイル

こちらのルートにはソラチカカードの他に三井住友VISAカードが必要になりますが、ハピタスではなくGポイントに直接ポイント交換できるサイトを利用する場合は不要です。

ハピタスからLINEポイントまでの交換手順詳しい手順は追って解説記事を公開予定です。

メトロポイントからANAマイルへの交換手順はメトロポイントをANAマイルに交換する手順(ソラチカルート編)に詳しい手順を画像付きで解説していますのでこちらをご覧ください。

ANAマイルを貯める方法[ハピタスなど利用] まとめ

  1. ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)の所持
  2. ポイントサイト ハピタス↓に登録しポイントを貯める

    ハピタスの登録はこちら>>>ハピタス

  3. 貯めたポイントを、メトロポイント経由でANAマイルに毎月交換する

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに変えてソラチカルートの交換率90%でANAマイレージクラブのマイルに交換する方法が、誰でも出来る大量マイレージ獲得の唯一の方法であり費用を掛けずにマイルを貯める正攻法です。

メトロポイント自体は大量ポイントの獲得には向かないため、他のポイントサイトを利用して大量のポイントを貯めます。

最終的にソラチカカード経由でハピタスのポイントを交換率90%でANAマイレージに交換するだけで大量のマイルが貯まっていきます、これを毎月上限値(2万メトロポイント=ANA18,000マイル)まで貯めていくと年間で20万マイル以上を手にする事が出来ます。

ハピタスの登録はこちら>>>ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

次項は旧ルート(ハピタス・PONEYなどから直接メトロポイントへ交換するルート)を使った方法で、こちらは2018年3月31日まで有効です。

これからANAマイルを貯め始める方は上記LINEポイントやGポイントを経由させたルートを使って貯めてみてください。

旧ルートは2018年4月1日以降は利用できなくなります。

ANAマイルの貯め方 [2018年3月31日まで限定]

これは2018年3月31日まで有効な貯め方の解説になります、これからANAマイルを貯め始める方は上記LINEポイントやGポイントを経由させたルートを利用してください。

LINEポイントルートとの違いは元になるポイントサイトと経由地にLINEポイントを挟まない点です。

マイルを貯めるのに必須のソラチカカードを申し込む

マイルを貯めるうえで最初のステップとしてすべきこと、それはANA To Me CARD PASMO(通称ソラチカカード)を所持することです。

LINEポイント経由で貯める方法と同様に、このカードで決済することは必要ありません。
現金主義の方もマイルを貯めるために「所持」するだけで十分です。

ハピタスの登録&利用で大量マイルの基を作る

ハピタスで貯めたポイントを極力減らさずにメトロポイントに交換する事が出来れば、あとはソラチカカードの所持だけで大量のマイルを貯める事が可能になります。

数あるポイントサイトの中でも「ハピタス」は大量ポイントが最も貯めやすいポイントサイトといえます。

その理由はいくつかあります。

  • 1万ポイント以上の案件が多い
    これだけでANAマイルに換算すると9,000マイルになります。
  • 100%還元の案件が多い
    100%還元という事は支払いは発生しますが、その分ポイントとして還元されるので、実質の出費が0ということになります。
  • ポイントアップ中の案件が常時ある
    普段は数100ポイントの案件が数千ポイントにアップしている期間限定のお得な案件が非常に多いです。
  • ハピ友制度で友達同士メリットがある
    利用者増に貢献したお礼としてハピタス運営側からポイントが貰えます。

ハピタスの更に詳しいメリットや使い方はANAマイル獲得への第一歩 ポイントサイト ハピタスの活用法まとめにまとめてありますので、あわせてご覧ください。

ハピタスなら多くの方が年間20万マイルを貯める事が可能です、では実際にポイントサイトを利用するにはどうすれば良いか。

答えは簡単、利用登録をするだけです。

ハピタスは度々キャンペーンを行い、登録するだけでもらえるポイントが多くなることがあります。

ハピタスの登録はこちら>>>ハピタス

上のバナーから申込すると当ブログ筆者の「ハピ友」になる事が出来ます。

ここから申し込めば登録時に30ポイントが自動でもらえ、最初の30日間に簡単なアンケートに答えるとさらに100ポイントもらう事が出来ます。

キャンペーン期間中はさらに多くのポイントがもらえます。

ハピタスは登録しただけでは30ポイントしか貯まりません、大量のポイントを獲得する為にはいくつか重要なポイントがありますのでANAマイル獲得への第一歩 ポイントサイト ハピタスの活用法まとめをよく読んで効率よく大量ポイントを獲得してください。

大量マイレージ獲得への第一歩 ハピタスの活用法まとめ
高交換率でムダ無く貯めたいという方はANAを、人気の路線の特典航空券を少しでも取りやすくしたいという方はJALのマイルを貯めていると思います。マイルを沢山貯めて旅行をしたいという方はポイントサイトの使い方も、コツコツ貯めていく部分と、毎月大量に貯めて行く部分の両方を実行するのが大量マイル獲得において重要です。
ハピタスに登録して始めにやるべき事とポイントの稼ぎ方
ハピタスはANAマイルを貯めたいと思う方にとってとてもメリットの多いポイントサイトです。ハピタス登録後はサイト内の案件を一通り確認し、日々利用しているネット通販サイトはお気に入りに登録し、その後は大量ポイント獲得が出来る案件を順次こなしていいってください。

直接マイルを貯めるよりも大量のポイントを貯める方がたくさんマイレージを貯めることが出来ます。
つまり、ポイントサイトやハピタスについて詳しく知る事、実践してポイントを貯めていく事がANAマイルを貯める上でとても大切です。

筆者自身もANAマイルの貯め方・ハピタスなどの活用方法を教えてくれた知人の紹介でハピタスに登録し、その他のポイントサイトも参考になったブログなどの筆者へお礼の意味も込めて紹介バナーを選んで登録するようにしています。

読んで頂ければわかるかと思いますが、大量ポイントを獲得する秘訣は、クレジットカード・保険・FXの3つ、そしてポイントアップ中の案件を狙って1度で大量ポイントを狙いつつ、日々のネットショッピングをハピタス経由で行うのを忘れないようにすることが重要です。

獲得したポイントをANAマイルに交換する

ANA大量マイル獲得の最終工程としてハピタスで貯めたポイントをANAマイレージに交換します、ここまでやれば大量のマイルが自分のものになります。

ハピタスで貯めたポイントを以下のようにいくつかのポイントサービスに交換して最終的にANAマイルに交換します。

  • ハピタス
  • ドットマネー
  • メトロポイント
  • ↓(ソラチカカード所持)
  • ANAマイル

ハピタスからドットマネーへの交換手順はハピタス→.moneyの交換手順 これでANAマイルが実質譲渡可能に!に詳しい手順を画像付きで解説していますのでこちらをご覧ください。

ドットマネーからメトロポイントへの交換手順はドットマネーからメトロポイントへの交換手順に詳しい手順を画像付きで解説していますのでこちらをご覧ください。

メトロポイントからANAマイルへの交換手順はメトロポイントをANAマイルに交換する手順(ソラチカルート編)に詳しい手順を画像付きで解説していますのでこちらをご覧ください。

<2017年10月追記>

2017年10月1日よりPeXというポイントサイト(中継サイト)がメトロポイントへの交換手数料を無料にすると発表がありました。

PeXは.moneyがメトロポイントへの交換を始める前は手数料がかかっても最もお得だった為、多くの方が500ポイントの手数料を払ってメトロポイントに交換していました。

今回の手数料無料化により、.money(ドットマネー)ではなくPeXを経由させてANAマイルに交換するルートもドットマネー同様に同じ交換率・手数料無料で行うことができるようになりました。

–追記ここまで

ANAマイルを貯める方法[2018年3月31日まで限定]まとめ

  1. ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)の所持
  2. ポイントサイト ハピタス↓に登録しポイントを貯める

    ハピタスの登録はこちら>>>ハピタス

  3. 貯めたポイントを、メトロポイント経由でANAマイルに毎月交換する

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに変えてソラチカルートの交換率90%でANAマイレージクラブのマイルに交換する方法が、誰でも出来る大量マイレージ獲得の唯一の方法であり費用を掛けずにマイルを貯める正攻法です。

メトロポイント自体は大量ポイントの獲得には向かないため、他のポイントサイトを利用して大量のポイントを貯めます。

最終的にソラチカカード経由でハピタスのポイントを交換率90%でANAマイレージに交換するだけで大量のマイルが貯まっていきます、これを毎月上限値(2万メトロポイント=ANA18,000マイル)まで貯めていくと年間で20万マイル以上を手にする事が出来ます。

ハピタスの登録はこちら>>>ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

飛行機に乗ってマイルを貯める

ここまで紹介してきた方法の他にもクレジットカード決済やTポイント、楽天ポイントを使ってマイルを貯める方法もありますが、最も一般的なのは飛行機に乗ってマイルを貯めることです。

通常、飛行機に乗ることで航空会社からもらえるマイルのことを「フライトマイル」と呼びますが、フライトマイルは各航空会社のマイレージクラブ会員にならないといけません。

どの航空会社も年会費などの費用はかかりませんので、とりあえず会員になっておいても損はありません。

フライトマイルの事前登録方法

飛行機に乗って貯まるマイル(フライトマイル)は航空券の購入時に航空会社のマイレージクラブ番号を提示することで事前にマイル加算の申請をすることができます。

突然飛行機に乗る予定になってもフライトマイルの積算が楽にできるので事前にマイレージクラブ会員になっておくことをお勧めします。

フライトマイルは、搭乗する区間や航空券の料金区分によって変わります。

ANAのマイレージチャートは以下の公式サイトで事前に確認できます。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tameru/flightmile/

搭乗時に空港でフライトマイルを貯める

事前登録を忘れてしまっても、マイレージクラブカードがあれば搭乗日当日に空港でマイルを耐えm流ことも可能です。

出発ロビー内または搭乗口エリアの自動チェックイン機にて画面に従い登録することができます。

筆者の経験上、ANAのWEBサイトで購入した航空券は問題なくチェックイン機で登録できますが、パックツアーなどで購入した際にはこちらの機械では登録できない場合もあります。

そんな時は、以下で説明する事後登録方法をお試しください。

フライトマイルの事後登録方法

航空券の購入時に航空会社のマイレージクラブ番号を提示することで事前にマイル加算の申請ができますが、友人などがまとめて購入したり、手元にマイレージクラブの番号がない場合など、購入時にフライトマイルの申請ができない場合もあります。

そんな時は、マイルの事後登録申請をすることでフライトマイルを手に入れることができます。

ついつい忘れがちなフライトマイルの申請は、一定期間が過ぎると事後登録すらできなくなりますので、忘れずに行うようにしましょう。

フライトマイルの事後登録方法は、入会前のフライトマイルや忘れがちなマイルの事後登録方法で細かく説明がありますのでご覧ください。

マイルの基礎知識

ここまで、ANAマイルの貯め方を説明してきましたが、そもそもマイルについてあまり詳しく知らないという方は、マイルについての基礎知識も頭に入れておきましょう。

マイルとは

マイルとは、マイレージプログラムで貯まるポイントの名称を指します。
マイルという言葉は航空会社のポイント名称でよく使われていますが、航空会社以外にもポイントをマイルと呼ぶ会社・自治体は多くあります。

マイレージという言葉とマイルという言葉の2種類が存在しますが、どちらも同じ意味と捉えておいていいでしょう。

ANAやJALなどの航空会社では、マイルを貯める制度を指す際には「マイレージ」、実際に貯まるポイントを指す際には「マイル」という場合が多いです。

マイルが貯まると何ができるのか

航空会社のマイルが貯まると、無料で航空券と引き換えることができるようになります。

マイルを貯めている方の多くが「特典航空券」と呼ばれる無料の航空券を目的としています。

特典航空券を利用することで旅行する際の交通費がうきますので、マイルを貯めるならぜひ特典航空券を目指してみてください。

航空会社から正規の値段で購入した航空券に限り、上位クラスの席に変更(アップグレード)することができます。

エコノミークラスからビジネスクラスに、ビジネスクラスからファーストクラスに変えることができるので、ヨーロッパなどの航空券を買ってマイルを使ってアップグレードするのもおすすめです。

ビジネスクラスの特典航空券がとれなかった時など、一つ下のクラスで航空券を購入し、アップグレードすることで快適な旅にすることができます。

ANAマイルを利用した特典航空券の取り方おさらいに手続きの手順が記載されていますので、初めてANAマイルを特典航空券に交換する際は読んでおくことをお勧めします。

あらかじめ手順が分かっているとスムーズに交換が可能になります。

また、マイルを電子マネーに変えたり、商品に変えることもできます。

マイルをSKYコインなどに換える場合、ANA SKYコインに変えると1マイルはいくらの価値になるのかにあるように、ANAマイレージクラブのステータス次第でマイルの価値が変わってしまいます。

出来るだけ、高い交換率でSKYコインに換える方がお得です。

航空会社ごとに異なるマイルの取得手段

ANAやJALばかり利用していると、マイルはフライトマイル以外では貯める手段がないように考えがちですが、世界中の航空会社を見てみると、マイルを公式サイトで販売しているところもあります。

例えば、ユナイテッド航空などはマイルの販売をしており、よくキャンペーンも行っているのでキャンペーン時にマイルを購入するとお得にマイルを貯めることが可能です。

また、LCCではマイルそのものがないため、貯めることができない場合が多いです。

LCCでやすく旅行に行けることはもちろん大きなメリットではありますが、マイルを使ってワンランク上のクラスを予約するなど、マイルを貯めて活用したいなら出来るだけ使い勝手がよい航空会社のマイルを貯めることをお勧めします。

マイルを貯めるメリットとデメリット

ここまで、マイルを貯める簡単3ステップとマイルの基礎知識について触れてきましたが、マイルを貯めるメリットとデメリットがおおよそ把握できたでしょうか。

ここでわかりやすくメリットとデメリットをまとめて見ます。

マイルを貯めるメリット

マイルを貯めるメリットは幾つもありますが、最も大きなメリットは特典航空券でしょう。

特に、現金で購入するのを躊躇いがちになる国際線ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券がマイルと交換できるのは非常に大きなメリットと言えます。

日本を拠点に考えると、台湾や韓国あたりの近隣諸国ではあまり感じない機内でのストレスも、オーストラリアや欧州、アメリカなどの長距離路線ではストレスを感じる頻度が高くなりがちです。

ビジネスクラスやファーストクラスだとそういったストレスが軽減されることは、一度ビジネスクラスやファーストクラスに搭乗すれば実感できます。

旅行先で美味しいものを食べたり、遊んだり、買い物をするために移動手段にあまりお金をかけたくない(かけられない)方には、このマイルで交換できる特典航空券は非常に価値が高いものです。

日本円でビジネスクラスを購入する金額を知れば、マイルで得られる航空券がいかにお得か理解できます。

マイルを貯めるデメリット

マイルを貯めるデメリットははっきり言ってありません。

マイルを貯めても生かすことができない、なかなか貯まらないという方はいると思いますが、実質的なデメリットと言えるような点は見当たらないと思います。

ANAを利用する方の半数近くがANAマイレージクラブに未加入の状態で搭乗されているという数値が発表されていますが、その中から他の航空会社のマイレージ制度に加入している人を除いたとしても、まだまだ多くの人が航空会社のマイルを貯めていないことがわかります。

マイルを貯めていない人は上記に挙げた非常に大きなメリットを享受することができません。

マイルの有効期限が過ぎ、失効してしまっている方も多くいると思いますが、ポイントサイトの活用や、クレジットカードでのマイル獲得など、飛行機に乗らなくてもマイルを貯める方法はたくさんあります。

マイルの貯め方さえ知ってしまえば、こんなにお得な制度はないと言えるでしょう。