ディズニーリゾートはANAマイレージを貯めれば安く快適に楽しめます

ディズニーに飛行機で行く人

都内もしくは都内近郊にお住まいの方は東京ディスニーリゾートを利用する際は電車や自動車で向かわれる方が多いと思いますが、地方在住で飛行機や高速バスなどを利用して東京ディズニーリゾートに向かわれる方はANAマイレージを貯めて特典航空券やSKYコイン払いのツアーと快速宅空便サービスを利用される事をお勧めします。

マイレージを貯めることでディズニーを安く快適に楽しむことが出来るようになる方法をご紹介します。

実質無料で貯めたマイルと交換して手に入れた特典航空券があればANAの飛行機という快適な移動手段を利用しつつ、高速バスや電車などよりも安く東京ディズニーリゾートを利用することが可能になります。

筆者自身は東京ディズニーランドには自動車で行く事が多いのですが、ディズニーシーに行く場合は電車やバスを利用しています。

ディズニーシーは大人向けのテーマパークとあってディズニーランドでは提供されていないお酒が飲めるのでランドは車、シーは電車かバスというのがお決まりのパターンです。

一方、地方在住の方は夜行バスや高速バス、飛行機で東京ディズニーリーゾートまで向かう人が多いです。

ですが、夜行バスと飛行機とでは移動にかかる時間や移動中の快適さが全く違います。

夜行バスは寝ている間に東京ディズニーリゾーとに着いて朝からパーク内を楽しめる&飛行機より安いという利点もありますが、車内はあまり快適ではなく、これからパーク内で楽しもうという前に身体が痛くなったりちょっとだるくなったりしてしまいます。

その点、ANAの往復飛行機を利用するとなると、空港まで行かないといけない、費用が高い、朝一では東京ディズニーリーゾートに着かない場合(便)もあるという状態のため、あまりメリットが無いように思えますが、ポイントサイトを利用したANAマイルの貯め方を実践して実質費用を掛けずにANAマイレージを利用して飛行機で東京ディズニーランドを利用すれば航空券代はタダで快適な移動手段を使う事が出来ます。

更に、バスだと東京ディズニーランドに到着後、コインロッカーや宿泊ホテルにキャリーバッグ等を置きにいかないといけませんが、ANAのスーパー宅空便サービスを利用すればキャリーバッグを預けたりする必要も無く、着いたらそのまま東京ディズニーリーゾートを楽しむ事が出来るのもオススメできる点の一つです。

スポンサーリンク

ANAの飛行機を利用した東京ディズニーランドへのアクセス方法

東京ディズニーリゾートへは羽田空港か成田空港を利用する事になります。

まずは羽田空港からのアクセスについてみていきましょう。

羽田空港から東京ディズニーリゾートへのアクセス方法

羽田空港からは東京ディズニーリゾート行きのバスが出ています。
国際線・国内線第1旅客ターミナル・国内線第2旅客ターミナルからの3カ所から出ています。

<羽田空港 国際線旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
エントランスプラザを出た先の5番のりば

<羽田空港 国内線第1旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
エントランスプラザを出た先の6番のりば

<羽田空港 国内線第2旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
エントランスプラザを出た先の6番のりば

羽田空港から東京ディズニーリゾート行きのバス運賃はどの乗り場から乗っても片道大人830円・小人420円となっています。

羽田空港から東京ディズニーランドまでは約45分、東京ディズニーシーまでも約45分となっています。

道路の混雑状況により所要時間は変わりますがこれは高速バス等も同じですのでデメリットには当たらないかと思います。

始発のバス発車時間は以下の通りです。

<羽田空港国際線旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
エントランスプラザを出た先の5番乗り場を7:35発

<羽田空港国内線第1旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
エントランスプラザを出た先の6番乗り場を7:50発

<羽田空港国内線第2旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
エントランスプラザを出た先の6番乗り場を7:45発

国際線だけは始発以降、午前出発便は無く、次発が13:50となりますが、国内線ターミナルからは10〜45分間隔程度で運航しています。

ピークの時間帯は10分間隔なので殆ど待たずに利用する事が出来ますが定員制のため満席の場合は次のバスまで待たなければなりません。

成田空港から東京ディズニーへのアクセス

成田空港からは東京ディズニーリゾート行きのバスがでています、こちらも羽田空港同様に3箇所から出ており、第1旅客ターミナルから・第2旅客ターミナルから・第3旅客ターミナルからとなっています。

<成田空港 第1旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
1階到着ロビーバス乗り場の5番のりば

<成田空港 第2旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
1階到着ロビーバス乗り場の12番のりば

<成田空港 第3旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
1階バス乗り場の6番のりば

成田空港から東京ディズニーリゾート行きのバス運賃はどの乗り場から乗っても片道大人2,450円・小人1,230円となっています。

東京ディズニーリゾートは成田空港と同じ千葉県にありますが距離は羽田空港からの方が圧倒的に近いので運賃には大きな違いがあります。

成田空港から東京ディズニーリゾートまでは約55分、東京ディズニーリゾート内の各ホテルへ経由します。

道路の混雑状況により所要時間は変わりますがこれは高速バス等も同じですのでデメリットには当たらないかと思います。

始発のバス発車時間は以下の通りです。

<成田空港 第1旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
1階到着ロビーバス乗り場の5番のりばを8:10発

<成田空港 第2旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
1階到着ロビーバス乗り場の12番のりばを8:05発

<成田空港 第3旅客ターミナルから東京ディズニーリゾート行きのバス乗り場>
1階バス乗り場の6番のりばを8:00発

どのターミナルからも30〜70分間隔程度で運航しています。

ピークの時間帯は30分間隔なのですが定員制のため満席の場合は次のバスまで待たなければなりません。

ANAスーパー空宅便なら手ぶらで東京ディズニーリゾートを楽しめる

ANAを利用して羽田空港や成田空港に降り立った後、キャリーケース等があると一度ホテルに荷物を預けにいったり、東京ディズニーリゾート内のコインロッカーの空きを探して歩かないといけない等、パーク内を楽しむ前に荷物をなんとかしないといけません。

これは夜行バスや高速バス等でも同じですがANAのスーパー空宅便を利用すれば、空港から指定の場所まで届けてくれるので手ぶらで東京ディズニーリゾートに到着する事が出来ます。

ANAスーパー空宅便とは

ANAが提供する快速空宅便の中で12:00到着便までに適用可能な特別な宅空便で、出発空港で預けた手荷物を到着空港で引き取る事無く、自宅や指定先の場所までANA側が届けてくれるサービスです。

東京ディズニーリゾートに向かう場合、宿泊先のホテルをを指定すれば、手ぶらで東京ディズニーリゾートパーク内を楽しみ、ホテルチェックインの際に荷物を引き取る事が可能になります。

それではANAスーパー空宅便の概要・利用方法を見ていきましょう。

ANAスーパー空宅便の概要・利用方法

出発空港で搭乗手続き後、手荷物を預ける際に「スーパー空宅便」を利用したい旨をスタッフに伝えます。

ここで宿泊先のホテルを指定します、出発の20分前までに預ける必要がありますので時間には注意してください。

到着空港では手荷物を引き取る必要はありませんのでそのまま目的地に(ここでは東京ディズニーリゾート)へ向かってください。

あとは東京ディズニーリゾートを十分に楽しんだ後、指定したホテルに届けられていますのでホテルで受け取るだけです。

東京ディズニーリゾート利用の際は、当日配送(スーパー宅空便)の利用にすることで搭乗日当日中に指定の場所で荷物を受け取る事が出来ます。

注意しなければならないのは、当日配送サービスが可能なのは12:00までの到着便だけが対象となっており、12:00を過ぎた到着便の場合は当日中に受け取る事が出来ませんので注意が必要です。

また、到着便が遅れた場合、当日配送が出来ない場合もありますので予め注意点だけは把握して利用するようにしてください。

スーパー宅空便ではなく、通常の快速宅空便は翌日配送となります。

スーパー宅空便と快速宅空便とで間違えてしまうと宿泊日に荷物が無いと言う自体になりかねませんのでお間違えの無いようにスーパー宅空便を指定しましょう。

ANAスーパー空宅便の料金と支払い方法

ANAスーパー宅空便の利用料金は1個1,000(税込)です。

現金又はANA旅行券で支払いが可能です。

ANA旅行券は金券ショップ等でも売っている事が多いですが、1,000のANA旅行券が970円くらいで売ったいる事が多いです。

30円でも安く、という事であれば金券ショップを覗いてみても良いかもしれません。

このANAスーパー宅空便もANA SKYコインかANAマイルで直接支払いが出来ると特典航空券とあわせてANAマイレージさえあれば現金出費無しで利用という事ができるのですが、現時点では現金かANA旅行券なのでANAマイレージでANA旅行券を購入する方法しかありません。

ですが、ANAマイルをANA旅行券に変えるのは10,000マイルで10,000円分(5,000円×2枚)に換える事しか出来ませんので、使い勝手が悪いですし、マイルの価値も1マイル1円なので利用する価値は無いと思います。

ANAスーパー空宅便の預け個数などの条件

ANAスーパー空宅便で預けられる個数は1人合計3個までで、1個あたり20kg以内&各辺の合計が203cm以内のものという条件があります。

スーパー宅空便扱いの手荷物とその他の預け手荷物との合計重量が20kgを超える場合、または1個あたりの重量が20kgを超え25kg以内の場合 (プレミアムクラスを利用の場合は宅空便を含む手荷物の合計重量が40kgを超える場合)超過手荷物料金が別途かかります。

その他、小型便で運航している便は上記の条件内だったとしても預けられない場合がありますので事前に機種ごとの最長辺の目安を確認した上で利用することをお勧めします。

宅空便の重量・個数料金の例がANAのサイトに出ていますのでそちらも参考にしてみてください。

宅空便では破損(消耗)しやすいものや貴重品・高価品、危険物などは取り扱いをしてくれませんので、こちらもANAのサイトで予め確認するようにしましょう。

快速宅空便手荷物の配達(陸路)はクロネコヤマトが行っています、配送状況はクロネコヤマトの荷物問い合わせシステムから確認が可能です。

東京ディズニーリゾートを楽しんでいる間も自分の荷物の状況を知ることができるので安心です。

ANAマイレージを貯めれば航空券は無料で東京ディニーリゾートまで行ける

東京ディニーリゾートに行く為に、安い高速バスや夜行バスを利用する人が多いのはとても良くわかります。

地方から東京ディニーリゾートに行く場合、宿泊費や入園料、その他飲食代やグッズ購入等でかなり出費が増えます。

ディズニーのグッズはどれもそこそこ高い値段ですし、食事代もそれなりにかかります、パーク内でお金を使う為には移動にかかる費用を極力抑えたいと思うのも無理はありません。

その為、交通費の安いバスが人気なのですが、ANAマイレージを貯めて特典航空券を取得する事が出来れば現金出費無しで快適に東京ディズニーリゾートに行く事が可能になります。

バスと飛行機では通常、利用する為の料金が全く違います、その為、得られるサービスも全く違うものになります。

ですが、バスを無料で利用する事は出来ないのに、サービスが多く快適に過ごせる飛行機であれば無料で利用する事が可能になります。

移動にかかる費用が無料になれば、その分を東京ディズニーリゾート内での食事やグッズ等に充てる事が出来るようになるので、ディズニー好きで地方在住の方はぜひANAマイレージを貯めて欲しいと思います。

ANAマイレージはポイントサイトとソラチカルートを利用する事で実質無料で年間20万マイル程度を取得する事が可能になっています。

マイルを貯める具体的な方法はANAマイレージを貯めたい方必見!大量マイル取得の全てで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

サイドバーにもリンクがありますのでどの記事からでもいつでもアクセスできるようになっています、ANAマイルの貯め方がわからなくなった際は何度も読み返して頂くか、コメント欄からご質問ください。

出来る限り、わかりやすい説明をコメント欄にて返信致します。

マイレージを貯めるというと、沢山飛行機に乗ったりクレジットカードで多額の決済をしないと貯められないというイメージがありますが、実際はその方法よりもポイントサイトを活用したマイレージの貯め方の方が費用を掛けずにより多くのマイルを貯める事が出来ます。

好きなアーティストのライブを地方まで観に行くような方は、意外とこのANAマイルの貯め方を実践して費用を掛けずに全国飛び回っている方も多いです。

ディズニー好きな方も、年に1度だった楽しみがマイルを貯めれば年に2度3度と楽しむ事も可能になるかもしれません。

沖縄在住の方は夏休み限定のギャラクシー便を利用すると、朝の開園からディズニーを楽しむこともできます。

ギャラクシー便利用の際は一度ホテルにチェックインする時間の余裕がありますので、ANAスーパー空宅便は利用できませんがタクシーなどでホテルに向かえば多少の荷物であても移動が不便になることはないでしょう。

ANAのマイルには王道の貯め方があり、マイレージに関連する知識もある程度必要になってきます。

ANAマイルに関連する様々な記事をINDEXとしてまとめたANAマイルが大量に貯められるマイルの貯め方と価値・使い方まとめで紹介されている記事を順番に読んで頂ければ、ANAマイルの正しいいため方や使い方、ANAマイレージクラブの事や特典航空券・マイルの価値等がわかるようになってきますので、活用してみてください。

こちらもサイドバーにリンクを貼っています。

<参考記事>

<関連サイト>

航空券+宿泊費をANAマイルで支払う方法

ANAのマイルは航空券に交換できるのですが、いくら大量のマイルを貯めていたとしても直接宿泊費や友人の特典航空券を取得することはできません。

それでも貯めたANAマイルが沢山あれば航空券+宿泊費をマイルを基にしたANA SKYコインで支払うことが可能です。

マイルから交換する特典航空券やANA SKYコインで購入する特典航空券は2親等以内という制限がありますが、航空券+宿泊費のツアーであれば友人などの分もマイルから交換したANA SKYコインで支払いが可能になります。

特典航空券ではなくツアー利用にするメリットは代表者がスカイコインの2親等以内であればツアー参加者の料金もANA SKYコインで支払いができる点です。

ツアーにすることで2親等以内という制限が実質なくなることになりより多くの方に利用することが可能になります。

友人や恋人も航空券+宿泊費をマイルから交換したANA SKYコインで支払うことが可能になります。

マイルをお得にスカイコインに変えるには上級会員になることが条件ですが、一般会員でも1マイル1円で交換可能なので年間で10万マイル以上がためられる以下の方法を利用してマイルを貯めてディズニー旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

マイルからスカイコインへの交換に関しては以下の記事をご覧ください。
ANA SKYコインに変えると1マイルはいくらの価値になるのか

また、Gポイントというポイントサイトを利用すると貯めたポイントを直接ANA SKYコインに交換することが可能になります。

マイルを貯めてSKYコインに交換するには多少時間がかかります、もう少し早くディズニー旅行に行きたい方はGポイントにポイントを貯めてANA SKYコインに直接交換してしまうのもオススメです。

Gポイントはハピタスなど多くのポイントサイトから交換できる中継地となっているためまだ未登録の方はこの機会にぜひ登録してみてください。

Gポイント公式サイトはこちら>>Gポイント

まとめ

首都圏在住者はディズニーリゾートに行く際は車や電車・バスがオススメですが、地方在住者はANAなどの飛行機を利用するのがオススメです。

航空券代が高くつくので夜行バスや高速バスを利用される方が多いようですが、ANAマイルをポイントサイトを活用して貯めれば実質無料で航空券が取得可能です。

さらに貯めたマイルをANA SKYコインに交換することで航空券+宿泊費のツアー支払いを済ませれば、友人や家族を実質的にはマイルでディズニーに連れて行くことが可能です。

また、ANAの航空機利用であれば、重たい荷物などもあらかじめホテルへ届けてくれるサービスがあるため快適にディズニー旅行を楽しむことが可能です。

マイルを貯めてディズニー旅行に行きたい方はぜひ以下記事をご覧になり、ANAマイルを貯めてみてください。

ANAマイルを貯める方法 簡単3ステップ[ANAマイレージクラブ編]

こんなマイルの貯め方があったのか、と思う方も多い方法ですが、誰にでも実践可能でお金をほとんどかけることなくたくさんのマイルを貯めることができる方法です。