ソラチカカードの年会費がかかっても1人1枚持つべき理由

ANAマイル獲得い必須のクレジットカード

最近のクレジットカードは年会費無料が多い、そんな中ソラチカカードは年会費がかかります。

たとえ年会費がかかってもソラチカカードは1人1枚持つべきです。

スポンサーリンク

ソラチカカードとは

まずはじめにソラチカカードとは、正式名称を ANA To Me CARD JCB と言うカードをさします。

ANAという空でも東京メトロという地下でも使えるということで、ソラチカカードと呼ばれており、分類としてはANAの一般カードに当たります。

こちらのカードは特定の方にとても人気の高いクレジットカードです。
特定の方=ANAマイルをお金をかけずに大量に貯めたい方です。

ANAのマイルって貯まるの?という方はこれだけやればANAマイルが劇的に貯まる!!ANAマイルを貯める方法をご覧ください。

マイルに関する記事の目次ページ マイルの貯め方と使い方 ANAマイルの価値と交換方法まとめ ではマイルを貯める方法や交換方法、使い方の各記事をまとめて紹介しています、こちらも合わせてどうぞ。

数あるANAカードの中でなぜソラチカカードが選ばれるのか

このソラチカカードの一番のメリットはANAのマイルと東京メトロのポイントを相互交換できるという点で、この交換率が他のカードを一切寄せ付けない秘訣です。

その交換率とは90%、つまり、東京メトロのポイントが1万ポイントある場合、ANAの9千マイルに交換できるのです。

他のカードの交換率が良くて50%程度なのを考えると、これほど高い交換率のソラチカカードを選ぶ意外に選択肢は無い為、ANAのマイレージクラブ加入者に大変人気となっています。

ソラチカールトとは何か

ソラチカカードを持っている大多数の方の目的はANAのマイルを獲得する事です。

ソラチカルートと言われる交換率90%のルートを使う為にソラチカカードを所持しているのです。

逆に言えば、このカードを持っているだけでソラチカルートは使えます。

ANAのマイレージクラブに加入されている方で、あんまりマイルが貯まらないと感じている方はソラチカルートを利用したマイルの獲得方法を行ってみてください。

年間で20万マイルを貯める事も可能です。

空知かルート以外で20万マイルを実現するのは多少の労力が必要になりますが、これから説明するソラチカルートならほぼ誰にでも実現可能です。

具体的にソラチカルートを説明します。

各種ポイントサイト(ハピタスやモッピーなど)

東京メトロポイント

ソラチカカード経由=交換率90%

ANAマイル

世の中には様々なポイントサイトがあります、そこで貯めたポイントを東京メトロポイントに変え、ソラチカカードを経由してANAマイルに変える、このルートをソラチカルートと言います。 
このソラチカルートを使う為にはソラチカカードの保有が必須となります。

ハピタスというポイントサイトからソラチカルートでANAマイルに交換すると、以下のようなイメージになります。
ハピタスからソラチカルートを使ってANAマイルへ

この場合、ハピタスで1万4千ポイントがソラチカルートでANAの12,420マイルに交換されています。

東京メトロポイントからANAマイルに交換することはソラチカカードを持っていなくても出来ますが、90%という高い交換率を実現できるのはこのソラチカルートだけです。

ソラチカカードの年会費は実質無料

これだけ高い交換率を実現するカードの唯一のデメリット、それは年会費(2,160円)がかかる事です。

年会費に数万かかるクレジットカードもある事を考えると、決して高い部類には入りませんが、近年の主流は年会費無料のカードです。

無料と比較してしまうと、2,000円は高く感じる人も多いでしょう。

ですが、ソラチカカードは入会時と毎年の自動継続時に1,000マイルが付与されます。

ANAのマイルの価値は1マイル2〜3円と言われていますので、入会時と毎年の自動継続時にもらえるマイルで実質は年会費は無料なんです。

ANAマイルを沢山貯めるなら家族カードではなく1人1枚持つ方が良い

ソラチカルートを使う為にこのカードを所持している方の中で既に家族カードを利用されている方や、これから申し込む方で家族カードの発行をお考えの方はちょっと待ってください!

家族カードの年会費は本会員の半分、つまり1,080円ですが、ANAのマイルを貯めたい、貯めたマイルで海外旅行に行きたい、マイルでビジネスクラスに乗ってみたいという方は、家族会員にプラス1,080払って本会員になる事を強くお勧めします。

その理由は、ソラチカルートは毎月交換できるポイントに上限が設けられているからです。

家族会員として1つのカードにメトロポイントを貯めてしまうと、沢山貯めても交換の上限に達してしまい交換できないポイントが発生する可能性が高いです。

一人で貯められる上限がある以上、夫婦で1枚のカード(家族カード)を利用してマイルを貯めるより、1人1枚のカードを利用してマイルを貯めた方が良いです。

実質の年会費は継続時のマイル付与で元は取れています、夫婦でマイルを貯めて旅行に行くのなら、この年会費(2,160円×2人分)は負担してでも、ポイントの交換上限を2倍に増やした方がお得です。

1人1枚なら貯められるANAマイルは2倍になる

ソラチカルートを利用したメトロポイント→ANAマイルの交換上限は2万ポイント(ANAのマイルで言うと1万8千マイル)です。

家族カードの場合はこの1万8千マイルがソラチカルートで得られるANAマイルの最大数となりますが、1人1枚保有した夫婦の場合は1万8千マイル×2人=3万6千マイルとなります。

お子さんがいる場合等は、月に1万8千マイルでは海外旅行に行くのに必要なマイルを貯めるまでにそれなりの時間がかかりますが、夫婦で1人1枚持っていれば、かかる時間が半分で済みます。

クレジットカードの年会費は自分のお財布から直接出て行くお金になるので、とても気になってしまう部分ではありますが、マイルを貯めて旅行に行こうと思われている方は、間違いなく1人1枚所有が望ましいです。

まとめ

ANAマイルを大量に貯めたいならソラチカカードを所有しましょう。

そして、ご夫婦等の場合は家族会員カードではなくそれぞれ本会員になりましょう。

ソラチカカードの年会費は入会時&毎年継続時に付与されるマイルで実質無料です。

本会員1人で貯められる最大値は1万8千マイルですが、2人なら2倍の3万6千マイル、かかる時間は半分で済みます。

ANAのマイルを貯める為に必要な情報はマイルの貯め方と使い方 ANAマイルの価値と交換方法まとめにまとめています。

具体的なポイントの貯め方はANAマイル獲得への第一歩 ポイントサイト ハピタスの活用法まとめをご覧ください。

こんな記事も読まれています

ソラチカカードの審査に落ちた! その原因は

地味に使えるソラチカカード!! 

1年でANAのマイルを20万マイル以上貯める方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. masahiro より:

    ランキングから来ました。
    早速息子に教えます。
    情報ありがとうご材ました!

  2. edamame より:

    masahiroさん コメントありがとうございます。
    息子さんと一緒にANAマイルをがんがん貯めてくださいね!!

  3. りょう より:

    ランキングからきた
    りょうと申します。
    飛行機には普段乗ることはないのですが、
    いざという時にあると便利な気がしてます。
    また訪問して勉強させていただきます。
    ありがとうございます。
    応援ポチっ!

  4. edamame より:

    りょうさん コメント&応援ポチ有難うございます。
    マイルが貯まり始めるとどんどん使うようになるので、ぜひ貯め始めてみてくださいね。