ハピタスで貯めたポイントはANAマイルに交換するのがお得

空港でのANAマイル利用の旅行者イメージ

これだけやればANAマイルが劇的に貯まる!!ANAマイルを貯める方法でご紹介した方法で貯めたハピタスのポイントをANAマイルに変換させるルート詳しくをご紹介します。

ポイントサイトで貯めたポイントも正しいルートを通らないと手に出来るはずのANAマイルが減ってしまいます。

そうならない為に必要な事、それは手数料が少なく、レートが良い中継サイトを利用することです。

中継ポイントサイトを利用してANAマイルに交換する

まずは、ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに変えるルートを決めましょう。

そうです、いくつものポイントサイトが提携してポイント交換が出来ますので、経由させるポイントサイト選びを間違えるとマイルが思ったほど貯まりません。

レートが悪い中継サイトからANAマイルに交換してしまうとどうなるか

ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換する際に、交換レートの悪いサイトを中継させてしまうとどうなるか、その1例を見て見ましょう。

例えば以下のようなイメージです。

ANAマイルが少なくなってしまうルート

元々、ハピタスで貯めたポイントが14,000ポイントあったとしましょう。

ハピタス→ちょコムポイント→PeX→セシール→Gポイント→ANA VISAカード or 三井住友VISAカード→ANAマイル

というルートでポイントを交換していくと最終的に手に出来るANAマイルは

6,900マイルとなります。

う〜〜ん、多いと思うか、少ないと思うか、皆さんどうでしょうか。。。

はっきり言って少ないです!!これはとても損をしている状態です。

上記のように、各ポイントサイトからANAマイルに移行する中間に数字が少なくなっていくのを極力抑えていかないとANAマイルがなかなか貯まりません。

そこで、もっとも高いレートでANAマイルに交換できるのがソラチカルートです。

ANAマイル獲得の必須アイテムとして紹介した「ソラチカカード」の出番

ANAマイルを貯める上で必須のソラチカカード、こちらを利用するとどうなるのか見て見ましょう。

先ほどと同じ、ハピタスの14,000ポイントを最も多くのANAマイルに交換させるソラチカカードを利用したルートを見てみましょう。
以下のように2種類のお得なルートがあります。

手数料のかからないドットマネー経由でANAマイルに交換

もっともおすすめのルートはANAマイルに交換するまで手数料がかからないドットマネー経由のルートです。

ハピタスからドットマネー経由でANAマイルへ交換

上記図を見ていただくとわかる通り、ハピタス→ドットマネー→メトロポイント→ANAマイルという順に交換することで14,000ポイントが12,600マイルに交換可能になります。

前出のルートと比較して約2倍近いANAマイルに交換できることがわかります。

手数料500ポイントのPeX経由でANAマイルに交換

以前はハピタスからPexを経由させるのがもっとも多くANAマイルに交換できるルートでしたが、手数料のかからないドットマネーがハピタス及びメトロポイントと繋がったことで、手数料のかかるPeXは2番手としてのルートとなってしまいました。

PeX経由の参考例は以下のようになります。

0160602093533p:plain

ルートの違いだけで、5,700ANAマイルもの違いが生まれる

これまで見てきたようにハピタスで貯めたポイントはルートによって5,700マイルも差が出てしまうということなんです。

しかも、経由地が少なくて済むという事は、

  • 交換手数料が発生する場合、より少なくて済む
  • 手数料が増えたり、新規に創設された場合も最小限に抑えられる

というリスクマネジメントまで出来てしまいます。

スタートは同じポイント数なのに、レートが悪かったり手数料がかかることで最終目的であるANAマイルの獲得数に大きな差が生じてしまいます。

目的となるANAマイルは大きな差が出てしまう

目的であるANAマイルの獲得数に大きな差があるのであれば、最適なルートを選んでマイルに交換すればいいのです。

今回のソラチカルートを使うために必須となるクレジットカード「ソラチカカード」は発行基準がそれほど厳しいものではありません。

恐らくよほど良くないクレジット履歴等でなければ審査には通るのではないでしょうか。

筆者は以前、このソラチカカードを発行する際に凡ミスをおかし、凍り付きましたがそれでも無事審査に通り、めでたくソラチカカードが発行されました。
凡ミスはこちらの記事に書いてあります、、、良かったら笑いながら見てください。

クレジットカードの審査について

ここでひとつ注意して頂きたいのは、

  • ハピタスの毎月の交換上限は30,000ポイント
  • メトロポイントからANAマイルに交換できるのは20,000ポイント
    (18,000ANAマイル)

となることです。

無条件に交換が出来れば良いのですが、ハピタス・メトロポイント経由で獲得できるANAマイルは毎月最大18,000マイルとなります。

毎月上限まで交換することが出来れば大量のANAマイルをこのソラチカカードを利用したルートで手にする事が出来ます。

ハピタスからドットマネーへの交換はこちらの記事に詳しい交換手順が記載されています。
ハピタス→.moneyルート交換手順

メトロポイントからANAマイルへの交換はこちらの記事に詳しい交換手順が記載されています。
メトロポイントをANAマイルに交換する手順(ソラチカルート編)

毎月交換していく際に注意すべき事はこちらの記事にまとめましたので合わせて読んでみてください。

ANAマイラー御用達のソラチカカードを毎月どのように使うべきなのか

貯め始めてみると、意外と簡単で、そして機械を通せば忘れてしまう事も無く続けていく事が出来ます。

今回の記事でソラチカカードがなぜ必須なのか、納得できた方はすぐにでもソラチカカードとハピタスの申込・登録をおすすめします。

ハピタスの登録は活用法のまとめを読んでからがおすすめです>>ハピタスまとめ記事を読む
ソラチカカードはこちらから>>To Me CARD 申し込みサイト

ANAの大量マイル獲得の情報まとめ

ANAマイル獲得の為に必ずすべきこと!!

<その1>

これだけやればANAマイルが劇的に貯まる!!ANAマイルを貯める方法

ANAのマイルを簡単に、そして大量に取得する為にやるべき事を3つのステップにまとめた最重要記事です。

これを読むだけでも十分に実践可能な記事となっています。

<その2>

大量マイルを貯めて旅行する為に絶対にやるべき事とは

具体的にマイルの獲得と旅行を紐づけた考え方や機械による機能を利用して、マイルの獲得になれていく為の術を書いています。

マイル獲得に必要なアイテムとは

陸マイラー実践!準備編

飛行機に乗らずにマイルを貯めていく為に必要になるアイテムの一覧を書き出しています、ここに書かれているアイテムは全て用意しましょう。

陸でマイルを貯める陸マイラー必須のソラチカカード

ソラチカカードが手元に届いたら

大量マイル獲得には高い交換率でポイントサイトからマイルに交換する必要があります。それを実現するクレジットカード 通称ソラチカカードの使い方について説明しています。

ハピタスがマイル獲得に欠かせない理由とは

マイル獲得の必須ポイントサイト ハピタス そのおすすめ理由とは

最もマイルが貯めやすいポイントサイトとして当ブログがお勧めしているハピタス。そのおすすめ理由はこちらの記事を読んで頂ければ分かります。

マイル獲得の第一歩であるポイントの取得方法

1万マイル以上もらえるハピタスでの案件

ハピタスでの利用方法を具体的な案件とともに説明しているのがこちらの記事になります。

ポイントからマイルへの交換方法

ANAマイル交換に向けた第一歩 中継ポイントサイトは.moneyがお得

ポイントサイトは貯めるのに優れたサイトと、交換に優れたサイトがあります。
ハピタスで貯めたポイントと目的のANAマイルに交換する為の第一歩となる中継ポイントサイトの説明です。

ハピタスからマイルへの交換方法

ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法

クレジットカードの発行やFX口座の開設、保険の無料相談等で貯めたハピタスのポイントをANAマイルに変える方法・ルートの説明です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加